【腹直筋】を鍛えて腹筋を割る最短ルートとは?

capture-20170516-072253-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単に腹直筋を鍛えられるアイテムを見る!

言うまでもありませんが、
腹筋が割れているか割れていないかは、
一目瞭然です。

 

割れた腹筋はとてもスマートで、
格好いいものです。
割れた腹筋は、
夏の海で一番輝くかもしれません。

 

腹筋を割るのは至難の業、
とお思いの方が少なくないはずです。
しかし、やり方と方法を間違えなければ、
誰でも必ず割ることができます。

シックスパック実現には、有酸素運動と筋トレが必要?

capture-20170516-072440-crop

ぽっこりお腹から6つに割れた腹筋、
いわゆるシックスパックになるためには、
脂肪を減らすことが大切です。

 

人間の腹筋は、
いわば最初から割れている状態です。
6つに分かれている構造になっており、
それが外から見てわかる程度まで、
おなかについた脂肪を減らすのです。

 

もちろん、より際立たせるのであれば、
溝を深くするということになりますので、
腹筋に負荷をかけたトレーニングが、
必要です。

 

簡単に言えば、筋トレと、
有酸素運動と組み合わせるのが、
一番効率よく腹筋を割る方法なのです。

脂肪を減らせばお腹は引き締まり【腹直筋】が出る?

capture-20161220-091921-crop

脂肪を減らすということは、
具体的には、
皮下脂肪を減らすということです。

 

皮下脂肪があることで、
腹筋が隠れるような状態になってしまい、
外から見えにくくなります。

 

皮膚と筋肉の間にある脂肪なので、
これが多いと腹筋に、
完全に覆い被さることになります。

 

数字にして、体脂肪率がおよそ、
15%以上あるとまず見えません。

 

どれだけ腹筋が発達していても、
肥大していても、
この皮下脂肪を減らさない限りは、
腹筋が割れることはありません。

ウエストを引き締めるなら有酸素運動?

capture-20170516-072547-crop

脂肪を減らすのに使うのが、
有酸素運動です。

 

ウォーキング、ジョギングなど、
心拍数を上げすぎずに、
長時間動き続けることで、
脂肪が燃えていきます。

 

よって、腹筋を割るためには、
有酸素運動がお腹痩せを加速させます。
時間にしておよそ40分以上は、
有酸素運動をやりましょう。

 

それに加えて、
腹筋運動を1セット30回として、
3セットもやれば十分効果が、
出るはずです。

シックスパックを作る目安は、体脂肪率何%?

capture-20170516-072647-crop

目に見えて腹筋を割るためには、
体脂肪率は10%前後まで、
落とさなければなりません。

 

目安としてはおよそ15%を切るほどで、
腹筋の横の線が徐々に浮かんできます。
そこから10%を切ることで、
よりはっきりと線が浮かびます。

 

さらにトレーニングや運動を
重ねることで溝が深くなり、
きれいなシックスパックに
なるということです。

 

前述したように、
いくら腹筋を鍛えていても、
体脂肪率が一桁でないと、
腹筋がきれいに割れることはありません。

 

体脂肪率は腹筋の発達具合によっても
変化しますので、運動をしていくうちに、
ある程度は下がっていきますが、
やはり減量と、体脂肪の燃焼は、
腹筋を割るのに不可欠な要素です。

腹直筋を大きくするには一番有効な腹筋運動とは?

capture-20170516-072842-crop

脂肪の燃焼ともう一つ必要な、
腹直筋の増大ですが、
これはやはりクランチに、
勝るものはありません。

 

腹直筋を肥大化させることで、
割れている部分が盛り上がり、
よりくっきりとなるということです。

 

クランチは一般的な腹筋ではなく、
上半身すべてを起こさずとも、
背中を丸めて肩甲骨を床から浮かせることで、
腹直筋に強い刺激が加わります。

 

元の姿勢に戻るときも、
腹直筋が緊張したままなので、
とても効果が出しやすいです。

 

初めのうちはつらいかもしれませんが、
つらいことが効いている証ですので、
頑張ってみてください。

ウエストを引き締め、腹筋を割るなら食事も大切?

capture-20170516-073035-crop

最初に書いたように、腹筋を割るには、
しっかりとした食事法もポイントに
なってきます。

 

皮下脂肪は特につきやすいものなので、
間違った食事をしてしまうと、
簡単に脂肪がつき、
どれだけやっても効果が見られない、
ということにもなりかねません。

 

例えば脂っこいスナック菓子を、
ひっきりなしに食べたり、
好きだからと言って炭水化物を
大量にとっていては意味がありません。

 

炭水化物はある程度抑えるのが、
おすすめです。

 

抑えた分は野菜やたんぱく質で補い、
低カロリー高たんぱくを
意識してみてください。

 

毎日朝と晩30分ずつのトレーニングと、
その食事を行えば、
どんどん効果が表れるはずです。

筋トレの時間が省けるのに腹筋運動が出来る道具がある?

capture-20170516-073131-crop

簡単に【腹直筋】が鍛えられる道具として
シックスパッドが有効的です。

 

はっきり言って、
「毎日そんなに時間ないよ」
って方もいると思います。

 

そんな時は、シックスパッドです。
食事中、仕事中でも【ながら運動】で
全身を短時間で鍛え上げてしまいます。

 

プロスポーツ選手でも、
取り入れていれ、絶賛しているので、
活用してみてはいかがでしょうか?

 

下記のリンクから、
シックスパッドの詳細が、
ご覧になれます。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
プロ選手も使うシックスパッドの詳細をみる

 

 

コメントを残す