ぽっこりお腹になりにくい!?意外なシックスパッド効果とは?

capture-20170522-065226-crop
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
基礎代謝が上がるシックスパッドを見る!

シックスパッドとは、
EMSという電気信号により、
楽に筋肉をつけることが出来る
というマシンです。

 

シックスパッド=腹筋を割る
というイメージが強いと思いますが、
私は、もっと良い効果があると思い、
使っています。

 

実はシックスパッドを使うと、
基礎代謝が上がり、
太りにくくなるんですよ!

 

本日は、基礎代謝と、
シックスパッドの有効な使い方を、
紹介します。

【目指せぽっこりお腹が解消】基礎代謝とは?

capture-20170516-090332-crop

基礎代謝とは、生きていくために、
体が勝手に行う代謝のことです。
簡単に言えば、じっとしているだけで、
勝手にされる代謝です。

 

代謝ですので、
食べ物などで得たエネルギーを
消費します。

 

実は、
この基礎代謝で消費するエネルギーは、
なんと1日の消費エネルギーのうち、
7割を占めるのです。

 

言い換えれば、
1日に消費されるエネルギーのうち、
7割はじっとしているだけで、
勝手に消費されていくということです。

基礎代謝をあげるとウエスト痩せだけじゃない!?

capture-20170516-090449-crop

基礎代謝を上げれば、
それだけ消費エネルギーが、
莫大に増えるのです。

 

基礎代謝に対して、
日常の運動で消費される代謝は、
生活活動代謝といいますが、
それはわずか1割にしかすぎません。

 

残り2割は食事誘導性体熱産出と言い
食べ物を噛み、消化や吸収の際に、
使われるエネルギーに該当します。

 

簡単に言えば、基礎代謝が上がれば、
痩せやすい体になるのです。

基礎代謝で多いのはどこ?筋肉をつければ痩せる?

capture-20170516-090555-crop

基礎代謝の内訳としては、
最も多いのが筋肉による消費で、
4割を占めます。

 

2割が脳、そして残り4割が、
肝臓、腎臓、心臓に用いられます。

 

筋肉の量は、
増減することができますので、
是非とも筋量を増やしてみてください。

 

筋肉量が上がれば、
その分基礎代謝量も大きくなります。
筋肉をつければ、基礎代謝が上がり、
太りにくく、痩せやすい体になります。

基礎代謝を上げるには、筋トレでどこを鍛えれば効果的?

capture-20170516-090654-crop

そこでおすすめなのが、
体の中でも特に大きな筋肉である
「太もも」のトレーニングです。

 

お尻や腰から下などの、
下半身の筋肉は、
なんと全身の6割を占めます。

 

中でも太ももだけで、
全身の4割の筋肉に該当するのです。

 

スポーツには、
それぞれに合った部分を
鍛えるのが大切ですが、
単純に基礎代謝を上げたいのであれば、
下半身、特に太もものトレーニングが、
とても便利です。

お腹痩せの前にまず太ももから?その消費量とは?

capture-20170516-090315-crop

単純計算で、
1日の消費エネルギーのうち、
11パーセントは太ももの筋肉によって
消費されると考えられます。

 

太ももの筋肉量が多いだけで、
1日に勝手に消費されるエネルギーが、
多くなるのです。

 

下半身の筋肉は、
あらゆるスポーツで便利なので、
あまり重視していなかったという方は、
是非、重点的に鍛えてみてみてください。

 

下半身を鍛えることによって代謝があがり
結果、お腹痩せにもつながりますよ!

シックスパッドの有効な使い方とは?

capture-20170516-090830-crop

先程説明した様に、
基礎代謝を上げれば良い訳ですから、
基礎代謝が上がりやすい太もも
使うとより早く効果が実感できます。

 

知らない方もいるかも知れませんが、
太もも用のシックスパッドもありますから
むしろ痩せたいなら太もも用を勧めます。

 

しかし、体全体を鍛えれば、
より効果が高いので、
使うなら全身用を買うと良いです。

 

シックスパッドの詳細は、
下記のリンクからご覧になれますので、
基礎代謝を上げたい方は見て下さいね!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
基礎代謝が上がるシックスパッドの詳細をみる

コメントを残す