太ももの筋肉をつけると痩せて引き締まる!?太ももの部位とエクササイズを紹介!

capture-20170516-134301-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単に基礎代謝を上げるアイテムを見る!

 

筋肉が増えると、
基礎代謝が上がって消費エネルギーが増え
痩せやすい体になります。

 

しかし反対に、
筋肉が落ちると脂肪がつきやすくなり、
太りやすくなるといえます。

 

ですので、
是非とも筋肉をつけてみてください。
中でも、太ももの筋肉は、
とても大きな筋肉ですので、
鍛えることを勧めています。

 

太ももの筋肉がきちんと使えれば、
全身の体温が上がって、
脂肪が燃えやすくなり、
痩せやすい体質へと変化します。

太ももはすでに筋肉質だと思っていませんか?実は脂肪かも?

capture-20170516-133859-crop

太もも硬いので、
すでにそこそこの筋肉がついている
と思う方も多いのではないでしょうか?

 

実は太ももについている筋肉は、
線維化しており、
おなかなどの脂肪と比べると、
とても硬くなっているのが特徴です。

 

しかも、
表側の筋肉は割と発達しやすいため、
十分筋肉がついている、
と錯覚しやすいということです。

 

ここで、
太ももの筋肉の種類について、
詳しくご紹介していきます。

太ももの表側にあるのは「大腿四頭筋」

capture-20170516-133636-crop

太もも前側にあるのが、
大腿四頭筋です。

 

膝を伸ばすのに使われるのがこの筋肉で、
たるんでしまうと膝の上に、
脂肪がたまることになります。

 

脚のむくみに悩む人も多いと思いますが、
下半身の筋トレを行うと、
症状は緩和されます。

太ももの裏にあるのは「大腿二頭筋」

capture-20170516-133206-crop

その裏にあるのが大腿二頭筋です。
ハムストリングと言われています。

 

股関節から膝を結び、
膝を曲げるときに用いられます。

 

ここがたるむと、
ヒップラインがたるむこととなり、
下半身太りに直結します。

 

大腿二頭筋を鍛えると、
ヒップアップ効果があります。

太ももの内側にあるのは「内転筋」

capture-20170516-132517-crop

太ももの内側にあり、
恥骨から大腿骨へとつながる筋肉です。

 

足を閉じるのに用いられ、
衰えると骨盤が開き気味となり、
姿勢も悪くなり、
下半身太りの原因となります。

 

内転筋がついていると、

  • 骨盤が整う
  • むくみがとれる

と言われており、
美脚を目指すなら鍛えたい部位です。

太ももを効果的に鍛える方法とは?

capture-20170516-133429-crop

ここから、
各筋肉におすすめなエクササイズ
ご紹介します。

 

まず第一に続けることを
念頭にして下さい。

 

1回だけでは効果は出ませんし、
トレーニングは、
続けてこそ意味があります。

太ももの表側の「大腿四頭筋」を鍛えるには?

capture-20170516-132237-crop

まずは最初の、
大腿四頭筋を鍛えていきます。

 

  1. 足を肩幅ほどに開き、つま先を前に向けてまっすぐ立ちます。
  2. 姿勢よく背筋を伸ばして、息を吸いながら、太ももが床と平行になるまで腰を落とします。
  3. 両手を前に突き出してバランスを取ります。
  4. そして、ゆっくりと息を吐きながら、ゆっくりと腰を上げて行き、元の姿勢へと戻ります。

 

これを10回繰り返して、1セットとします。

太ももの裏の「大腿二頭筋」を鍛えるには?

capture-20170516-133249-crop

次にハムストリングの、
エクササイズ方法です。

 

  1. 仰向けに横になって、右の膝を立てて両手は床につきます。
  2. 右足の裏で床を蹴るようにぐっと押し込み、お尻を持ち上げます。
    足で持ち上げるのではなく、太ももの裏の筋肉を意識して、そこでお尻を持ち上げるイメージでやってみてください。
  3. そして、ゆっくりとお尻を床におろします。
  4. 左足で同様に行い、左右10回ずつ行います。

 

太ももの内側「内転筋」を鍛えるには?

capture-20170516-132929-crop

美脚を目指すなら、
この筋肉は欠かせません。

 

骨盤を整える効果もありますので、
怪我の予防にもなります。

 

  1. 背筋を伸ばして姿勢よく立ちます。
  2. 両腕は軽く曲げて、体の脇に少し浮かせます。
  3. 足は付け根から外側に軽く開いて、両足のかかとをくっつけます。
  4. 息を吸いながらゆっくりひざを曲げて、垂直に腰を落とします。
  5. 息を吐きながら足の裏で床を押して、膝を伸ばして元の姿勢へと戻ります。
  6. これを、お尻が突き出ない程度に、10回繰り返します。

 

足を股関節から外に回すイメージで、
やってみてください。
足首をひねって外に向けないように、
注意してください。

筋トレは面倒くさいけど太もも痩せ、基礎代謝を上げたい方は?

capture-20170419-091337-crop

そんな楽に筋トレできるの?
って思う方もいますよね。
でも本当に簡単にできる、
マシンがあります。

 

それがシックスパッドです。
心臓の近く以外はどこでも使えますから、
いつでもどこでも簡単に、
筋トレができます。

 

シックスパッドの詳細は、
下記のリンクからご覧になれます。

 

めんどくさがり屋の超オススメです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
筋トレが面倒なのでマシンに頼る!

コメントを残す