シックスパッドより安価でぽっこりお腹を解消できるアイテムとは?

capture-20170516-090223-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単にぽっこりお腹が解消できるアイテムを見る!

 

当サイトでは、
腹筋を鍛える方法で一番楽なのは、
シックスパッドを勧めています。

 

それでも腹筋を鍛える道具は、
いくつもありますが、
有名な道具の中に「腹筋ローラー」
というものがあります。

 

今回は、運動したい派の方に、
オススメしたい道具ですので、
運動したくない人は、
シックスパッドしかありません笑

 

一般的な腹筋方法だと、
腰や背骨を痛める原因にもなりますので、
特に注意してやる必要がありますが、
腹筋ローラーを用いたトレーニングは、
非常に手軽でオススメな方法の一つです。

ぽっこりお腹が解消できる腹筋ローラーとは?

capture-20170516-134043-crop

腹筋ローラーとは、
おそらくかなりの人がイメージする、
上記画像の道具です。

 

横になってローラーをつかみ、
背中を丸めてそのまま腕、背中を伸ばして行き、
再び戻ってくるという動きです。

 

やったことある方もいると思いますが、
かなりキツイトレーニングの1つです。
腹筋だけではなく、
全身を鍛えられます。

自宅トレーニングでも強い負荷が掛る腹筋ローラの良さとは?

capture-20170516-144109-crop

腹筋をきれいに割ることは、
腹筋の筋肥大が起きている状態です。
ですので、
負荷の強い刺激を与える必要があります。

 

家でやる筋トレは基本的に、
強い負荷と刺激を与えるのが難しく、
特に腹筋にできることは、
非常に限られています。

 

しかし、腹筋ローラーは、
自宅で手軽にできる上に強い負荷を
簡単に欠けることができる、
唯一といっていい方法になります。

 

時間にして、
わずか5分から10分のトレーニングを
1日1回、週に3回もやれば、
十分効果が期待できるのです。

ぽっこりお腹が解消する腹筋ローラーの使い方とは?

capture-20170516-143916-crop

具体的な使い方としては、

  1. 背中を丸める
  2. 腕を伸ばしてローラーを走らせ、寝そべる直前、限界まで腕を伸ばしていく
  3. その状態からゆっくりと元に戻す

これだけです。

 

ただ、
横になって膝をついた状態からやるものと
立った状態で壁を使ってやるものが
あります。

 

どちらの場合でも、
腹筋を意識してやることがポイントです。

 

足を少し開いて、
バランス良い姿勢を維持して、
腰を落としながら腹筋を意識します。

 

とにかく腹筋を意識して、
腕や肩の筋肉でローラーを、
操作しないようにしてください。

レベルに合わせないと挫折する?腹筋ローラーの負荷調整

capture-20170516-143939-crop

腹筋ローラーはその手軽さから、
最初から一気に負荷を、
かけることもできます。

 

一気に負荷をかけてやると、
重度の筋肉痛などのケガの原因や、
挫折につながりますので、
最初は必ず、
膝をついた状態からやるのが良いでしょう。

 

出来るところまで
(自力で元に戻れる部分まで)
転がして、そこから戻りましょう。

 

徐々に、遠くまで伸ばせるように、
挑戦していってください。

 

膝をついた状態でできるようになったら、
立った状態でやるなど、
負荷を上げていきましょう。

挫折した方でもぽっこりお腹を解消する方法がある?

capture-20170516-073131-crop

私は、めちゃくちゃきつかったので、
3日坊主でおわりました笑
それでもぽっこりお腹を解消しました。

 

それは冒頭にもお話ししたとおり、
シックスパッドを使ったからです。

 

シックスパッドは、全然辛くありません。
デスクで仕事しながら痩せました。

 

そんなシックスパッドの詳細は、
下記のリンクからご覧になれます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シックスパッドの詳細を見る!

 

コメントを残す