ぽっこりお腹は普通の肥満状態より危険?即効で解消した方が良い?

capture-20170614-222739-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単にぽっこりお腹が解消する方法を見る

 

ぽっこりお腹って、
健康でしょうか?不健康でしょうか?
って言われれば、
当然不健康だと思いますよね?

 

でも、ぽっこり具合によって、
不健康と言うレベルを、
通り超すことがあるらしいって、
聞いたことありますか?

 

そのままぽっこりお腹のままだと、
早死にするかもしれませんね・・・

ぽっこりお腹は、なぜ危険なのか?

capture-20170614-222852-crop

ドイツのミュンヘンで行われた、
ヨーロッパ心臓学会の結果ですが、
そこにぽっこりお腹の方が該当する、
研究結果が出たらしいのです。

 

そこで発表された新しい研究に、
体重過多ではなくても内臓脂肪が高いと、
心臓脈管系の病気を進行させ、
肥満の人と比べて早く死亡する確率が、
50%高くなる
と言ったものがあります。

 

ぽっこりおなかの原因となるのは、
いわゆる内臓脂肪です。
内臓脂肪が多いというだけで、
死亡するリスクが50%も、
跳ね上がるのです。

日本人もぽっこりお腹が多い?

capture-20170614-223026-crop

内臓脂肪が多い方は、
日本にたくさん見られるはずです。
俗にいう「ビール腹」のことです。

 

体はそこまで大きくないのに、
お腹だけがぽっこりと出ている方は、
非常に危険な状態だということです。

 

良く考えて下さい。
痩せている方より太っている方の方が、
病気にかかる率高くないですか?

ぽっこりお腹になる原因とは?

capture-20170308-060604-crop

最大の原因となる内臓脂肪とは、
文字通り内臓の周りにつく脂肪です。
内臓脂肪はプリン体などのような、
アルコールによるカロリーによって、
つきやすいと言われています。

 

これが、お酒をよく飲む方に、
ぽっこりおなかが多い理由になります。

 

腸下垂もぽっこりお腹の原因ですが、
別のページでも紹介していますので、
こちらは割愛させていただきます。

内臓に脂肪がつく理由としては何があるの?

capture-20170614-223138-crop

  • 筋力が低下した腹部の内臓を守るために脂肪がつく
  • もともとサイズが大きい場所になるため、余分に蓄えられやすい
  • 肋骨にさえぎられることがない
  • 脂肪がついても邪魔にならない

などです。

 

基礎代謝が低下することで、
おなかの周りに脂肪が、
たくわえられやすくなるのです。

 

結果ぽっこりお腹になってしまいます。

ぽっこりお腹を解消するための3つの秘訣とは?

capture-20170614-223258-crop

当たり前ですが、
ぽっこりお腹は、
何もしないと凹みません。

 

じゃあ何をすれば良いの?
という回答になると思います。
簡単に言うと、運動と食事を変えれば、
ぽっこりお腹は解消します。

 

そのポイントを、
3つに分けて紹介します。

ぽっこりお腹解消への道 その1 バランスのとれた食事をとる

capture-20170614-223438-crop

一番確実で、改善するべきことが、
食事です。

 

アルコールや脂分を控えることは、
言うまでもありませんが、
できるだけ1日3食とるように、
してみてください。

 

夜寝る前に一気に食べるのは、
絶対にやめましょう。
また夜ご飯は腹八分目に抑えてください。

 

炭水化物を適度にとり、
タンパク質や野菜も多く摂りましょう。

 

最初は辛いかもしれませんが、
慣れてくるとそれが基準となり、
次第に何とも思わなくなります。

 

自分が食べたものが、
自分の体に吸収され、
作られていることを、
意識していきましょう。

ぽっこりお腹解消への道 その2 有酸素運動をして皮下脂肪を減らす

capture-20170614-223525-crop

皮下脂肪を減らすには、
有酸素運動がおすすめです。

 

有酸素運動とは、
ウォーキングやジョギング、
水泳などです。

 

ただやみくもに走ったりするのではなく、
しっかりと呼吸をしながら、
1回ずつ意識してやってみてください。

 

ゆっくりと、ストレッチをやるように、
刺激を与えていくと、
筋力の向上にもつながりますので、
とてもおすすめです。

 

時間としては、20分ほどで、
脂肪の燃焼が始まりますので、
20分以上やってみてください。
毎日継続してやることが大切です。

ぽっこりお腹解消への道 その3 腹筋を鍛える

capture-20161220-092844-crop

腹筋の衰えによって、
ぽっこりとしていますので、
あえて腹筋を鍛えるというのも、
1つの方法になります。

 

腹筋の筋力を上げるのは、
あらゆる内臓にとって、
良いことになりますので、
ぜひおすすめです。

 

ただ、皮下脂肪を減らすことに直結する、
ということはありません。
腹筋は無酸素運動ですので、
脂肪を減らす直接の原因にはなりません。

 

しかし、腹筋を鍛えて筋力を上げることで
代謝を上げ、より少ない運動で、
より効率よく脂肪が燃えていきます。
もちろん、その状態で、
有酸素運動の量を増やせば、
その分燃えていきます。

それでも時間が無い人がぽっこりお腹を解消するには?

capture-20161129-063358-crop

上記の3つを、
意識してやり続けることで、
長生きにつながりますので、
ぽっこりお腹に心当たりがあるなら
ぜひやってみてください。

 

それでも時間が無い方、楽したい方は、
シックスパッドしかありません。
簡単かつ短時間で成果を出しやすく、
口コミも効果も抜群です。

 

シックスパッドの効果と口コミは、
他のページで紹介していますので、
上記3つの事ができない人は、
見た方が良いでしょう。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シックスパッドの効果、口コミを見る

コメントを残す