初心者必見!くびれを作るための簡単なコアトレーニングとは?

capture-20170709-064525-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単にくびれを作るアイテムを見る

夏になると薄着になることもいいので、
自身の体型が一層気になることが
多くなってきますよね?

 

男女ともスタイルが良いだけで、
とても魅力的に映ります。
特に女性だったら憧れるのは、
やっぱりくびれじゃないでしょうか。

 

ただ今までくびれたことがないけど、
いつも憧れるだけで諦めてしまうことも
多いと思います。

 

しかし今回は、
そんなくびれを手に入れたい方に向けて、
簡単にできるトレーニングの方法
お伝えします。

くびれ美人は健康的?

capture-20170709-064109-crop

whrという言葉をご存知ですか?

 

waist to hip ratioの略で、
ウエストとヒップの比率を
表した評価であり、
最も魅力的に感じるのが、
0.7の比率と言われています。

 

また男性では1.0、女性では0.8を越えると
内臓脂肪の蓄積が疑われます。
ちなみに具体的にはヒップ90cmの場合、
ウエストは63cmがwhrが0.7
の比率になります。

 

そしてwhr0.7では0.8に比べて、
受胎率が30%も増加するという
報告もあります。

 

今まで見た目でなんとなく魅力を
感じていたくびれですが、
健康にも妊活にも良いことがあるので、
是非頑張らないといけませんね。

くびれを作るには、まずヒップを鍛える?

capture-20170709-064014-crop

くびれは、
ウエストとヒップの比率が大切です。

 

ウエストを細くしようとして、
過剰な食事制限をして体重を落としても、
筋肉量も必ず落ちるので、
痩せてもくびれはできません。

 

そのためまずヒップのエクササイズとして
スクワットや仰向けに寝た状態からの
お尻上げ運動をお勧めします。

 

この時しっかりとお尻の筋肉を触りながら
筋肉の収縮を確認しながら行うことが
ポイントです。

 

また日常生活での歩行中にも、
普段より大きい歩幅で歩くことや、
早歩きで歩くようにすると、
お尻の筋肉である大殿筋が働くため、
ヒップのトレーニングに有効です。

くびれを作るため次にウエストを鍛える?

capture-20170709-065307-crop

ウエストのエクササイズでは、
ドローインと言われる息を吐きながら
お腹を凹ます運動が、
初心者には効果的です。

 

また慣れてきたら、
体をひねりながらの腹筋なども、
外腹斜筋や内腹斜筋などの、
くびれを作るために必要な筋肉を
鍛えることができるため非常に有効です。

 

しかし運動のポイントして最も大切なのは
継続することです。

 

もし運動を続ける自信がない方は、
電気刺激を筋肉を鍛えるEMSを使うのが
お勧めです。

シックスパッド効果でくびれができる?

capture-20170612-063339-crop

EMS機器でおすすめなのが、
シックスパッドです。

 

シックスパッドは科学的に、
効果が検証されているので、
一番効果が高いと言えます。

 

腹筋のみならず、
ヒップも鍛えられますので、
運動がキツイ、時間がないって人に、
特にオススメです。

 

ぜひ挑戦していただいて、
くびれをゲットしてください。

 

シックスパッドの詳細と、
購入時の注意点等を、
下記のリンクからご覧になれます。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シックスパッドの詳細を見る

コメントを残す