放っておくとあの病気に!?メタボの基準と簡単な改善方法とは?

capture-20170711-070954-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単にメタボを解消するアイテムを見る

日本人の3大死因は、
がん・心疾患・脳血管疾患
と知られていますよね。

 

その中でも心疾患・脳血管疾患は、
高脂血症などの生活習慣病が、
引き金となって発症する確率を
高めると言われています。

 

そのため生活習慣病になる可能性を
早く発見するために提唱されたのが、
メタボリックシンドロームの概念です。

 

最近は健康診断でも取り入れられて、
ウエストの周囲を測るだけで、
簡単に測定できるので、
皆さんもよくご存知だと思います。

 

今回はあまり細かく知られていない
メタボの基準とどうしたらそれが
改善できるかをお伝えします。

メタボの基準は、ぽっこりお腹かどうかで分かる?

capture-20170711-071012-crop

メタボの基準にウエストの周囲が、
男性85cm以上、女性90cm以上
が挙げられます。

 

これにBMIが25以上であり、
血糖値、血圧、脂質異常など、
血液検査で高値となった方が、
生活習慣指導の対象者となっていました。

 

ご自宅でもウエストを測るだけで、
メタボの目安の有無がわかるので、
非常にわかりやすいですよね。

 

これらの基準で、
何を評価しているのかというと、
内臓脂肪の蓄積の状態を見ています。

 

内臓脂肪が多い状態だと、
血液がドロドロになり、
血管の内側にドロドロの脂肪がへばりつき
徐々に血管が狭くなり、
将来的に詰まってしまうと、
心筋梗塞や脳梗塞といった、
病気につながるというわけです。

メタボ健康診断落とし穴?基準値以内でもメタボ?

capture-20170711-070822-crop

2008年からメタボが、
健康診断に取り入れられてきましたが、
徐々に問題点も浮かび上がってきました。

 

それはウエストの周囲が基準値以下でも、
内臓脂肪の蓄積が多い人が結構な数で、
存在することがわかってきました。

 

簡単に説明するとウエストが細くても、
血液がドロドロで内臓脂肪の蓄積があり
生活習慣病のリスクが、
高い人もいるということです。

 

そのため2018年から、
新たなメタボ健診の基準を、
作成・実施していくところです。

 

メタボ健診に掛る人も、
増えるのではないでしょうか?

ぽっこりお腹(メタボ)を解消させるには?

capture-20170711-070720-crop

根本的には食事内容の見直しと、
運動習慣を定着することが、
内臓脂肪の減少には有効です。

 

運動を継続的に行うことで、
血中の脂肪がエネルギーとして
消費されるため、
内臓脂肪への蓄積を防止します。

 

有酸素運動・筋トレを実施しながら、
油っぽいものを極力控えることが、
一番の方法です。

 

簡単に言えば運動しなさい
ということになります。
運動をしなくても解消できる方法が、
1つあります。

ぽっこりお腹(メタボ)を一番簡単に解消する方法とは?

capture-20170622-133754-crop

運動習慣がない人にとっては、
なかなかハードルが高いため、
運動嫌い、時間が無い人に、
オススメの方法を紹介します。

 

それは電気刺激で筋肉を鍛える、
EMSマシンを使用することです。

 

その中で、
一番効果が高いと言われているのが、
シックスパッドです。

 

シックスパッドを使えばテレビを見ながら
家事をしながらなど隙間時間を利用して、
体を鍛えていくこともできます。

 

シックスパッドの効果、口コミは、
下記のページで紹介しています。
興味がある人は見ていって下さい。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シックスパッドの効果、口コミを見る

 

コメントを残す