【くびれを作るコツ】日常生活で気をつけるポイントとは?

capture-20170714-154820-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単にくびれを作るアイテムを見る

くびれ獲得は、
ボディメイクの永遠のテーマですよね?
ずっとくびれを目標にダイエットや、
エクササイズを頑張っている人も、
多いと思います。

 

しかしなぜくびれが出来るのかを、
しっかり理解しておかないと、
努力の方向性が間違ってしまうことも
あります。

 

それは非常に勿体無いですよね?
今回は理想のくびれを手に入れるための、
日常生活から気をつけるべきポイントを、
挙げていきます。

くびれを作るには徹底した脂質カットが良い?

capture-20170714-154931-crop

くびれの獲得にはまず、
体脂肪率の減少を目指すべきです。
特に女性であれば体脂肪率は、
最低でも25%以下にしましょう。

 

女性的なスタイルを、
キープしながらであれば体脂肪は、
20〜24%が理想的です。

 

そのため食事の際の油分のカットは、
徹底し脂肪の蓄積を防ぎましょう。

 

揚げ物などはもってのほかですが、
炒める料理など調理方法にも、
気をつけてください。

 

サラダを食べる際も、
ドレッシングに油分が入っていないか
確認しましょう。

くびれを作るにはたんぱく質をたくさん摂る必要がある?

capture-20170714-155041-crop

油分をカットすることができると、
必然的に摂取カロリーが減少するため、
体重と体脂肪は減少しやすいです。

 

しかし、くびれ獲得には、
お尻周りの筋肉量の維持は必須です。

 

そのためにはたんぱく質はたくさん摂取し
エクササイズも一緒に
行わなければなりません。

 

たんぱく質は、
肉類や大豆などで摂取できますが、
食べ物でたんぱく質を多く摂ろうとすると
一緒に脂質も摂取してしまいやすいため、
プロテインなどの栄養補助食品で、
たんぱく質を補う方法もOKです。

 

またコンビニなどで、
デザートを買ってしまう時も、
パックに記載してある成分表を確認し、
たんぱく質が多く、脂肪分が少ないものを
デザートに選ぶようにしましょう。

くびれを作るにはエクササイズが必要?

capture-20170714-155247-crop

くびれ獲得のエクササイズとして、
お腹をしっかりと引き締めるための
体幹トレーニングと、
お尻周りを鍛えるスクワットが、
とてもいいエクササイズです。

 

特にスクワットはお尻の筋肉を鍛え、
ボリュームを作るために必要です。
また運動の消費カロリーが、
多いことから体重減少にも有効です。

 

体脂肪の減少とたんぱく質の摂取、
そしてスクワットを中心とした
エクササイズの3つの点を、
日常生活でも取り入れてみてください。

くびれを作るエクササイズができない方は?

capture-20170714-155405-crop

人によって、

  • 時間が無い
  • 運動が嫌い

という方もいると思います。
そんな人でも有効な方法があります。

 

それはシックスパッドなどの、
EMS機器を用いることです。

 

シックスパッドは、
満遍なく腹筋を鍛えることができるため、
効果的にお腹の引き締めを行えます。

 

くびれは腹斜筋を鍛えればできるので、
シックスパッドで鍛えまくると、
普通にくびれます。

くびれを作るシックスパッドとは?

capture-20161128-085254-crop

シックスパッドは、
超簡単に短時間で腹筋を鍛えられる
EMSトレーニング機器です。

 

先程挙げた様に、運動したくない方、
時間が無い方に特にオススメの
トレーニングマシンです。

 

体幹トレーニングを、
やる時間がない方にとっては、
非常に便利なアイテムです。

 

どれだけ良いマシンなのかは、
下記のリンクで紹介してますので、
ご覧になって下さい。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シックスパッドの詳細を見る

コメントを残す