ぽっこりお腹を解消するには有酸素運動と体幹トレーニングが良い?

capture-20170718-151127-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単にぽっこりお腹を解消するアイテムを見る

ご自身の体型を確認したときに、
一番困るのがぽっこりお腹ですよね?

 

でもけっこう知られていないのは、
ぽっこりお腹は、
しっかりとした手順で進めていけば、
比較的効果が分かりやすく、
結果もでやすい部位です。

 

ぽっこりお腹を解消するには、
2つのポイントを押さえて、
運動習慣を定着させていくことが
大切です。

 

2つの運動習慣を意識し、
それに食事にさえ気をつければ、
必ず効果は出るので、
是非諦めずに取り組んでください。

ぽっこりお腹解消ポイントその1 有酸素運動で脂肪を燃焼

capture-20161220-081704-crop

体脂肪率が30%を超えている方は、
必ず取り組まなければならない問題が、
脂肪の減少です。

 

特にズボンのベルトの上に、
お肉が乗ってくるような人は、
特に意識しましょう。

 

毎日30分間のウォーキングから始め、
徐々に時間を延ばしたり、
時間が取れない人は早歩きや、
ジョギングなど負荷をあげて、
有酸素運動をすることをお勧めします。

 

しかし時間がないからといって、
無理にジョギングをすると、
過度に疲労感や痛みなどが生まれ、
運動をつつ出るモチベーションが
保てなるなるので注意が必要です。

ぽっこりお腹解消ポイントその2 体感トレーニング

capture-20170622-150113-crop

体幹の筋肉が弱くなると、
内臓の位置が下がり、
ぽっこりお腹に見えやすくなります。

 

痩せ型の方でぽっこりお腹だけが、
気になるという方は、
体幹トレーニングを重点的に行うと、
結果が出やすいです。

 

具体的にはドローインといい、
仰向けで寝た状態で膝を曲げ、
息を吐きながらお腹を凹ますといった
運動です。

 

そのときに骨盤の内側辺りを手で触り、
息を吐き切るときにお腹の奥から
手を押し返すような力が入れば成功です。

 

それを30回を3セットを朝晩行うと
効果的に鍛えられます。

ぽっこりお腹解消のため運動を続けるためのポイントとは?

capture-20170612-065144-crop

2つのポイントを紹介しましたが、
両方とも大切なことは継続することです。

 

そのためまずは、
無理のない回数・頻度・運動の種類を選び
自分が無理なく続けれられると
感じる範囲で行いましょう。

 

また筋トレできない人は、
最近電気刺激を使い筋肉を効率的に鍛える
シックスパッドを使用することで、
より高い効果を期待できます。

 

是非一人で続けることが心配な人は、
シックスパッドでも試してみる方が、
いいでしょう。

 

一番効果のあるシックスパッドの詳細は、
下記のリンクからご覧になれます。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シックスパッドの詳細を見る

コメントを残す