たった数回で驚くほど筋肉がつく?そのスロートレーニングとは?

capture-20170516-141150-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スロートレーニングより楽に鍛えるアイテムを見る!

 

スロートレーニングとは、
文字通りゆっくりと行う、
トレーニングのことです。

 

筋力トレーニングは、
筋肉に負荷や抵抗をかけ、
繰り返し行うことが何よりも大切ですが、
スロートレーニングでは、
特に時間をかけて行います。

 

たった数回のトレーニングで、
一気に筋肉が大きくなるのが特徴です。

スロートレーニングでぽっこりお腹が解消する?

capture-20170308-060310-crop

筋肉だけに集中して負荷が加えられるため
関節などの体のほかの部位に負担をかけず
とても効率のいいトレーニング
でもあります。

 

このスロートレーニングを、
全身のあらゆる部分で行えば、
もちろん全身の筋肉量を上げることができ
ボディラインを整えるのにも、
非常に役立ちます。

 

ぜひ、
取り入れてみてはどうでしょうか。
ぽっこりお腹も解消間違いありません。

初心者は自重で十分に筋トレ効果あり?

capture-20170516-141249-crop

基本的にスロートレーニングは、
扱う重量が通常のトレーニングに比べ、
軽いので誰でも出来ます。

 

スロートレーニングは、
ゆっくり行うことで、
かかる負荷を利用しますので、
重いウェイトなどの、
ほかの道具を使うことはありません。

 

正しいフォームで、
ゆっくりと止まることなく、
スムーズに行うことを念頭に置いて、
トレーニングをします。
体の反動や勢いも不要です。

スロートレーニングは少ない負荷で効率よくできる?

capture-20170516-141333-crop

負荷はすべて、
ゆっくりとする動きにあります。

 

動きがカギを握っているので、
とても効率よく、
大きく筋力を増強することができます。

 

動きはゆっくりですが、
結果的に短い時間で、
効率よく引き締まっていくのです。

 

動きと同時に大切な呼吸法ですが、
それも体を持ち上げるときに息を吐き、
おろす時に息を吸うだけです。

 

たまに息を止めて力を入れる方がいますが
それでは血圧が上がってしまうので、
逆効果です。

 

ポイントとしては、
息を吐くときを特に意識してみてください。

ぽっこりお腹を解消する腹筋を鍛えるスロートレーニングとは?

capture-20170516-141433-crop

腹筋を鍛えると言っても、
やることはずばり、クランチです。

 

クランチをゆっくり、
時間をかけてやることで、
スロートレーニングのクランチになります。

 

腹直筋と、腹斜筋を鍛えますが、
おなかの脂肪を燃やして引き締めるのに、
とても便利なトレーニングになります。

 

腹直筋を鍛えるおすすめの方法の一つに、
ニートゥチェストがあります。
膝を胸に近づけたり、離したりして、
腹直筋を刺激するというものです。

 

動きやかかる負荷からして、
スロートレーニングに最適ですので、
ぜひやってみてください。

自宅でもできるスロートレーニングでお腹痩せ!

capture-20170516-141523-crop

硬い床の上でやると、
お尻がとても痛くなるので、
クッションをしいたり、
布団の上などでやるのがおすすめです。

 

他のやり方としては、基本的には、
普通のクランチで大丈夫ですので、
具体的なやり方はここでは割愛します。

 

スロートレーニングの一環に、
クランチを取り入れるのは、
非常に効果的ですので、
是非取り入れてみてはどうでしょうか。

筋トレが全くできないが筋肉をつけるには?

capture-20161128-085254-crop

結局辛いという理由で、
筋トレは続かないという方に朗報です。

 

シックスパッドを使えば、
その様な悩みはあり得ません。
痛みもないし、時間も掛りません。

 

全身を鍛えられますので、

  • 時間が無い方
  • 続かない方
  • 面倒くさがり屋

にはとてもオススメです。

 

シックスパッドの詳細は、
下記のリンクからご覧になれます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シックスパッドの詳細を見る!