メタボ解消のポイント!運動を継続するコツとは?

capture-20170724-151406-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
一番楽にメタボが解消するアイテムを見る

メタボリックシンドロームとは、
内臓脂肪の蓄積を判定し、
心臓病や脳卒中の原因となる
生活習慣病を早期に発見することで、
健康的な生活習慣を取り戻すことを
目的に提唱された症候群の名前です。

 

メタボ解消のためには、
食事療法と運動療法について、
健康的な習慣を身につけること
必須です。

 

しかし運動の方法は沢山ありますけど、
三日坊主で終わってしまう人も、
多いんじゃ無いでしょうか?

 

今回は、運動習慣を、
継続しやすくするためのコツを、
お伝えします。

筋トレ(運動)を効果的継続する方法とは?

capture-20170724-151527-crop

今まで運動習慣がない方が、
運動を継続して行くためには、
明確な目標と強力な動機を
持つことが大切です。

 

ただ忙しく仕事をしていると、
時間が取れない時などもあるので、
習慣が途切れてしまうことも
あるともいます。

 

そんな時に再開するのは、
一人では大変です。
そのため仲間がいると、
とても心強いです。

 

一緒に行う仲間がいるのが理想的ですが、
運動の内容やどのくらいやったかなど
報告できる人がいるだけでも十分です。

 

スポーツジムなどのトレーナーに、
始動してもらうのも、
モチベーションが下がり気味の時には、
有効です。

 

SNSなどで報告するだけでも、
モチベーションの維持につながります。
モチベーションの維持に努めましょう。

筋トレをした量をデータに残すと効果的?

capture-20170724-151716-crop

最近は運動の時に身につけることができる
ウェアラブルデバイスが、
多く出てきました。

 

運動の際の心拍数の変化や、
歩行距離や消費カロリーを、
目に見える形で表示されるので、
日々の成長もわかりやすいです。

 

スマホなどと連動することで1ヶ月前、
3ヶ月前など比較ができますし、
体重も一緒に計測することで、
今の運動プログラムで効果が出ているのか
より負荷をあげるべきなのかが、
一目瞭然です。

 

運動し結果が、
客観的に見えるようになると、
運動するのが楽しくなると思います。

 

また1日の生活の中で着用することで、
日中の消費カロリーも明確にわかるため
食事制限の目標を立てやすいという、
メリットもあります。

いきなり筋トレを始めないのが効果的に痩せるコツ?

capture-20170724-151841-crop

運動は始め方が肝心です。
最初に無理して、
高負荷の運動を行ってしまうと、
筋肉痛などの痛みをネガティブに
捉えてしまうこともあります。

 

そのためにはまずは低負荷の運動から
少しずつに上げていくことが大切です。

 

有酸素運動では、
最初にウォーキング15分くらいから始め、
少しずつに時間を延ばしたり、
ウォーキングから早歩きへと、
負荷をあげましょう。

 

筋トレも例えばスクワットでは、
腰を深く落とさず行う、
クォータースクワットから始め、
ハーフスクワット、フルスクワットへと
負荷をあげていきましょう。

最も筋トレを効果的に行い痩せる方法とは?

capture-20161205-062930-crop

最も簡単な方法とは、
EMS機器であるシックスパッドなどを、
活用する方法です。

 

特にシックスパットは、
寝ていても、テレビを見ていても
使える上に、科学的根拠もあり、
効果的に体を鍛えることができます。

 

他の運動と併用することで、
抜群の効果が得られるので、
運動に時間を割けない方、
運動嫌いの方は是非使いましょう!

 

シックスパッドの詳細は、
下記のリンクからご覧になれます。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単に全身を鍛えるシックスパッドの詳細を見る

メタボ解消に超効果的!?日常生活でできる筋トレとは?

capture-20170724-145412-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
一番楽にメタボが解消するアイテムを見る

メタボリックシンドロームは、
日本人3大死因のガン・心臓病・脳卒中に
影響すると言われている生活習慣病を、
早期に発見するために提唱されている、
症候群の名前です。

 

テレビなどでも取り上げられており、
健康診断で腹囲を、
測定するようになったことから、
一般的にも知られるようになっています。

 

メタボの解消には、
食事療法と運動療法の2つのポイントが、
大切です。

 

しかし、
運動習慣が今までの生活で無い人には、
いきなり運動するのは、
ハードルが高いと思います。
今回はそんな運動を日常生活の中で、
取り入れるための工夫をお伝えします。

デスクワークでの筋トレを効果的に行う方法は?

capture-20170724-145457-crop

デスクワークでのPC作業などの、
お仕事をしている方は、
特に運動不足になりやすいですよね?

 

ただそのような環境の方でも、
意識して筋肉を使うようにすることで、
筋トレ効果が期待できます。

 

その一つとして椅子からの立ち上がりや
座る時に手を使わずに、
ゆっくり立ち座りをすることで、
筋トレ効果が得られます。

 

筋トレは大きい筋肉を使うことで、
効率よくエネルギーが消費します。

 

そのため足の大きい筋肉を使うために
手で支えずゆっくりと立ち座りを
行うと効果的です。
トイレなどでも気をつけましょう。

座ってても簡単に筋トレ効果が得られる方法とは?

capture-20170724-145626-crop

椅子に座ってテレビを見ている時や、
パソコンやスマホを見ていると、
1時間くらいは座りっぱなしのことも
多いと思います。

 

そのときは、
座ったまま足踏み運動をしましょう。
背筋を伸ばしたままで、
足を10センチほどあげる動作を
繰り返します。

 

股関節の奥の筋肉と腹筋を刺激するので、
体幹トレーニングにも効果的です。
テレビCMの際などは、
必ずやるようにしましょう。

 

3分くらい継続すると、
身体が温まるくらい血液の循環が、
良くなるのがわかると思います。

 

長時間同じ姿勢を取っていると、
筋肉の血液循環も減少しやすいので、
硬くなりやすいため、
腰痛の原因にもなりますので、
一石二鳥ですよ。

シックスパッドを使ってながらトレーニング?

capture-20161128-085254-crop

この方法が一番楽です笑

 

最近は電気刺激を利用して、
筋肉を直接収縮させトレーニングをする
EMSマシンが販売されています。

 

特にシックスパッドは、
科学的に効果が証明されているため、
筋トレには効果的です。

 

筋肉に効果的に刺激を送る、
20hzの周波数で的確に腹部の筋肉を、
満遍なく刺激することができます。

 

一番のポイントは、
シックスパッドをしながら家事をしたり、
読書をしたりと他の用事をしながら、
鍛えることができるので、
トレーニングに時間を割けない方には、
有効な手段です。ぜひお試しください。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単に全身を鍛えるシックスパッドの詳細を見る

簡単に出来る!メタボ攻略のための食事と運動

capture-20170713-135650-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単にメタボを解消するアイテムを見る

ぽっこりお腹解消のためには、
食事療法と運動療法が大切だと、
多くの方がご存知だと思います。

 

食事でのポイントは、
糖質と脂質を取り過ぎず、
摂取カロリーを減らすことが大切です。

 

また運動では、
有酸素運動で消費カロリーを増やし、
筋力トレーニングを行い、
筋肉量を増やすことで、
基礎代謝量がアップし、
エネルギーを消費しやすい身体を
作ることが大切です。

 

でも実際に何から始めていいか
わからないですよね?

 

今回は食事療法と運動療法の、
はじめの一歩の出し方をお伝えします。

ぽっこりお腹解消のためには食品を選ぶ?

capture-20170713-140035-crop

食事の際にたくさん咀嚼することで、
少量の食事でも満腹中枢を刺激して、
食欲を止めることができる
言われています。

 

具体的には白ご飯から麦ご飯、
食パンからフランスパン、
ハンバーグからポークソテー、
マグロの刺身からイカやタコの刺身、
芋の煮物からごぼうやレンコンの煮物
などを選ぶと、
自然と噛む回数が多くなります。

 

また野菜や海藻類などを、
小鉢でまず食べておくと、
食物繊維が豊富に摂取できるので、
糖質やコレステロールの吸収を、
ゆっくり穏やかにする働きは、
ぽっこりお腹解消にもとても有効です。

ぽっこりお腹を解消させるには食事を残す勇気を持つ!

capture-20170713-140514-crop

日本人ならみなさん子供の時から、
ご飯は残さず食べなさいと言われて、
育ってきたと思います。

 

子供の時からのしつけは、
意外と大人になってからも深い所に、
根付いています。

 

しかし健康のためには、
自分に必要な分だけを食べることが
大切です。
もったいないから食べてしまうのは、
積み重なって摂取カロリーを
オーバーしてしまいます。

 

もちろん食べ放題などは、
元を取ろうと無理して食べてしまうので、
絶対ダメですよね。

 

自炊の場合は作る量を控えめに、
外食の場合は思い切って残すことも
大切な習慣にしてください。

メタボ体型すぎて運動が苦手でやりたくない場合は?

capture-20170713-140915-crop

食事と運動は併用することで、
効果がより出ます。
しかし運動が嫌いな人も多いのが、
ぽっこりお腹の人のポイントです。

 

まず運動の1歩目として、

  1. 普段使っているエスカレーターをやめて階段にする。
  2. 椅子から立ち上がるとき、座るときに手を使わず足の力だけで、立ち座りをする。
  3. 自転車で買い物に行く場合は歩いて行く。
  4. 職場までの電車・バスを帰りは一駅ぶん歩いて帰る。

など少しだけ運動量を増やすことから、
始めましょう。

徐々に運動することに、
抵抗がなくなったら1日20~30分ほどの
ウォーキングなどの有酸素運動を、
始めましょう。

それでも運動をやりたくない場合はどうやってぽっこりお腹を解消する?

capture-20170713-141046-crop

機械の力を借りましょう笑
EMSマシンを使って、
無理やり筋トレをするという方法しか、
ありません。

 

それでもバカにできません。
EMSで有名なシックスパッドは、
本当に腹が凹んでいきます。

 

しかも痛くないし、
楽をしながら筋トレができます。
口コミも良く効果が高いので、
シックスパッドが一番オススメです。

 

シックスパッドの詳細は、
下記のリンクからご覧になれます。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シックスパッドの詳細を見る

食事と運動がポイント!?気になるメタボ撃退方法とは?

capture-20170711-142626-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単にメタボを解消するアイテムを見る

メタボリックシンドロームは、
ぽっこりお腹とスタイルの
問題だけではありません。

 

内臓脂肪が蓄積され、
高血圧、糖尿病、脂質異常など
複数のリスクがある状態であり、
放置すれば生活習慣病となり、
脳卒中や心臓病などの疾患を
起こしやすくなります。

 

今後のご自身の健康を保つためには、
メタボに気がついた出来るだけ早い段階で
正しい食生活と適度な運動習慣へと、
切り替えることが大切です。

 

今回はそんなメタボを撃退するポイントを
お伝えします。

メタボ撃退のための簡単に出来る摂取カロリーを減らすコツとは?

capture-20170711-142446-crop

丼ものや麺類などより定食を食べた方が、
栄養バランスが良いと言われます。

 

どうしても炭水化物と塩分が、
多くなってしまうため、
単品料理より小鉢がある定食などの方が、
バランスがいいです。

 

またスナック菓子が好きで、
頻繁に食べてしまう方は、
お菓子のサイズを小袋にすることも、
簡単に出来るカロリーカットの方法です。

 

脂質の摂取量をどれだけ減らせるかが、
メタボ予防・改善には大切です。
小さなことでも継続していくと着実に、
無理なく健康的に体重を減らすことが
できます。

メタボなのに間食は摂ってもいいの?

capture-20170711-142342-crop

お仕事などで、
帰宅が遅くなってしまったりすると、
昼ご飯を食べてから長時間空腹状態に
なってしまいますよね?

 

それから夕食を食べてしまうと、
つい夕食を食べ過ぎてしまいがちです。

 

この場合は夕方くらいにおにぎりなど、
夕食の際に食べる主食を先に、
間食として食べましょう。

 

そのあと帰宅してからおかずだけを食べ
主食は食べないようにすると、
過剰な空腹感を抑えながら、
結果として摂取カロリーを抑制できます。

 

間食はお菓子では、
糖質と脂質がオーバーしやすいので、
注意してください。

メタボ撃退のための運動の上手なやり方とは?

capture-20170711-142219-crop

効果的な運動はウォーキングなどの、
有酸素運動が有効です。
1回20~30分、週に3回くらいから、
行うことがオススメと言われていますが、
なかなか大変ですよね。

 

また日常生活の中でも、
通勤で一駅ぶん多く歩いたり、
椅子やトイレに腰掛けるときは、
手を使わずに足の力だけで、
立ち座りをするようにするだけでも、
活動量は増えていきます。

 

まずは自分のペースで、
できるところから運動量を増やすことが
大切です。

ぽっこりお腹の解消と基礎代謝を上げるなら楽にしよう!

capture-20170711-135847-crop

運動は継続することが大切なため、
意外に挫折する方が多く、
メタボは解消されません。

 

運動が嫌いな人や時間が無い人は、
電気刺激で筋肉を鍛えるシックスパッドを
使用するとカロリー消費と
基礎代謝量のアップに有効です。

 

しかも痛い事もなく、
簡単に筋肉がつくということで、
話題になっています。

 

まとまった時間が取れない人も、
自宅でテレビを見ながらや、
家事をしながら簡単に
エクササイズ効果が期待できますよ。

 

簡単に鍛えることのできる
シックスパッドの詳細は、
下記のページから紹介しています。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シックスパッドの詳細を見る

放っておくとあの病気に!?メタボの基準と簡単な改善方法とは?

capture-20170711-070954-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単にメタボを解消するアイテムを見る

日本人の3大死因は、
がん・心疾患・脳血管疾患
と知られていますよね。

 

その中でも心疾患・脳血管疾患は、
高脂血症などの生活習慣病が、
引き金となって発症する確率を
高めると言われています。

 

そのため生活習慣病になる可能性を
早く発見するために提唱されたのが、
メタボリックシンドロームの概念です。

 

最近は健康診断でも取り入れられて、
ウエストの周囲を測るだけで、
簡単に測定できるので、
皆さんもよくご存知だと思います。

 

今回はあまり細かく知られていない
メタボの基準とどうしたらそれが
改善できるかをお伝えします。

メタボの基準は、ぽっこりお腹かどうかで分かる?

capture-20170711-071012-crop

メタボの基準にウエストの周囲が、
男性85cm以上、女性90cm以上
が挙げられます。

 

これにBMIが25以上であり、
血糖値、血圧、脂質異常など、
血液検査で高値となった方が、
生活習慣指導の対象者となっていました。

 

ご自宅でもウエストを測るだけで、
メタボの目安の有無がわかるので、
非常にわかりやすいですよね。

 

これらの基準で、
何を評価しているのかというと、
内臓脂肪の蓄積の状態を見ています。

 

内臓脂肪が多い状態だと、
血液がドロドロになり、
血管の内側にドロドロの脂肪がへばりつき
徐々に血管が狭くなり、
将来的に詰まってしまうと、
心筋梗塞や脳梗塞といった、
病気につながるというわけです。

メタボ健康診断落とし穴?基準値以内でもメタボ?

capture-20170711-070822-crop

2008年からメタボが、
健康診断に取り入れられてきましたが、
徐々に問題点も浮かび上がってきました。

 

それはウエストの周囲が基準値以下でも、
内臓脂肪の蓄積が多い人が結構な数で、
存在することがわかってきました。

 

簡単に説明するとウエストが細くても、
血液がドロドロで内臓脂肪の蓄積があり
生活習慣病のリスクが、
高い人もいるということです。

 

そのため2018年から、
新たなメタボ健診の基準を、
作成・実施していくところです。

 

メタボ健診に掛る人も、
増えるのではないでしょうか?

ぽっこりお腹(メタボ)を解消させるには?

capture-20170711-070720-crop

根本的には食事内容の見直しと、
運動習慣を定着することが、
内臓脂肪の減少には有効です。

 

運動を継続的に行うことで、
血中の脂肪がエネルギーとして
消費されるため、
内臓脂肪への蓄積を防止します。

 

有酸素運動・筋トレを実施しながら、
油っぽいものを極力控えることが、
一番の方法です。

 

簡単に言えば運動しなさい
ということになります。
運動をしなくても解消できる方法が、
1つあります。

ぽっこりお腹(メタボ)を一番簡単に解消する方法とは?

capture-20170622-133754-crop

運動習慣がない人にとっては、
なかなかハードルが高いため、
運動嫌い、時間が無い人に、
オススメの方法を紹介します。

 

それは電気刺激で筋肉を鍛える、
EMSマシンを使用することです。

 

その中で、
一番効果が高いと言われているのが、
シックスパッドです。

 

シックスパッドを使えばテレビを見ながら
家事をしながらなど隙間時間を利用して、
体を鍛えていくこともできます。

 

シックスパッドの効果、口コミは、
下記のページで紹介しています。
興味がある人は見ていって下さい。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シックスパッドの効果、口コミを見る

 

ウエスト痩せでメタボリックシンドロームを撃退するには!?

capture-20170614-072830-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単メタボを解消するマシンを見る

生活習慣病の原因として、
注意しなければならないのが、
メタボリックシンドロームです。

 

通称メタボと呼ばれていますが、
診断の基準で大切なのは、
ウエストサイズが挙げられています。

 

男性では85cm以上、女性では90cm以上
メタボといった目安があります。

 

ウエストサイズを測るのは、
内臓脂肪がどのくらいあるかを知るための指標
と言われていますがお腹が出てると、
見た目にもあまり良くないですよね。

どうやったらメタボは良くなり、お腹は痩せるのか?

capture-20170622-143922-crop

メタボは内臓脂肪が増えることで、
様々な生活習慣病の原因になるため、
内臓脂肪を減らすことを、
まず考えなければなりません。

 

内臓脂肪を減らすためには、
食事療法と運動療法を組み合わせることが
効果的だと言われています。

 

期間を決めた食事制限では、
短期的には変化がありますが、
ずっとその食事習慣にしなければ、
意味がありません。

 

また有酸素運動だけでは、
脂肪を消費するための運動量を、
毎日維持するのは日常生活の中では、
大変です。

 

必ず療法を組み合わせて、
実施することが大切です。

メタボ基準をクリアするには有酸素運動がいいの?

capture-20170516-072440-crop

脂肪の減少だけを考えると、
一番は有酸素運動が効果的です。

 

ウォーキングやランニングなどが、
一般的に言われている有酸素運動ですが、
体重60kgの人が1時間歩いても、
190kcalほどしか消費しない為、
長期的に行うことが大切です。

 

また筋トレなどの無酸素運動は、
脂肪燃焼には直接的には、
効果がないと言われています。

 

しかし筋肉量が増えることでの、
基礎代謝量が増えれば、日常生活での
消費カロリーが増加する為、
長い目で見た時に、
より効果を引き出す作用があります。

楽に時間もかけずにメタボ解消(お腹痩せ)する方法は?

capture-20170622-144042-crop

なかなか運動を継続するって、
大変ですよね?

 

基本的には運動が生活習慣になれば、
一番いいですがうまくできない時も
あると思います。

 

そんな時はシックスパッドなどの、
お腹への電気刺激での筋トレも、
併用することが運動の効果を、
継続するために有効だと思います。

 

特に腹筋へのシックスパッドの効果は、
筋肉を鍛えるとともに、
腹筋の働きを高めることで、
ぽっこりお腹の解消にも繋がります。

 

長期的に使用することで、
内臓脂肪の減少も期待でき、
ウエストサイズもダウンする思います。

シックスパッド効果でメタボ解消?

capture-20170516-090223-crop

シックスパッドを使い続ければ、
ぽっこりお腹が解消します!

 

メタボは病気の原因にもなります。
気がついてからでは、
遅いかもしれませんので、
早めに対策をとりましょう!

 

シックスパッドは科学的に検証され、
効果の高いEMS機器です。

 

シックスパッドの詳細を知りたい方は
下記のリンクからご覧になれます。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シックスパッドの詳細を見る