ぽっこりお腹解消には有酸素運動が効果的?

capture-20161210-064642-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単にぽっこりお腹が解消できるアイテムを見る!

 

ぽっこりお腹解消は誰しもの夢であります。

 

見事なボディラインのアスリートでさえ、
引退後はお腹が出てきてしまうのです。

 

鍛えていたものを辞め、
運動をしなくなれば、
当然すぐになくなってしまうもので、
ぽっこりお腹解消は、
永遠の課題かなと私は思います。

 

あなたはどうでしょう?
昔は痩せていませんでしたか?
歳とともに締まりのない体に、
なっていませんか?

ぽっこりお腹には有酸素運動をすると良い?

capture-20161220-081704-crop

ぽっこりお腹=太っている
という図式が成り立ちますので、
ダイエットという言葉にかえて説明します。

 

ダイエットで有効なのは、
体脂肪を燃やす有酸素運動で、
有酸素運動することにより、
体全体の痩せにつながります。

 

痩せれば、結果的に、
ぽっこりお腹は解消していきます。

気になる有酸素運動の効果とは?

capture-20161220-082510-crop

有酸素運動で得られる効果で、
一番大きいのは、
脂肪燃焼効果です。

 

聞いたことがあるかもしれませんが、
脂肪は燃焼するまでに、
時間が掛かります。

 

有酸素運動の効果現れやすくなるまで、
運動の強度にもよりますが、
大体15分~20分かかると
言われています。

 

蓄えた脂肪燃焼が燃焼しやすくなるのが、
20分程度かかるわけです。

 

脂肪燃焼の経過は、血中の糖質、
脂質を使った後に蓄えた脂肪を使い始めますので、
どうしても脂肪燃焼効率が上がるのに、
20分くらい掛かってしまうということです。

有酸素運動の効果を最大限引き出すには

capture-20161220-082239-crop

有酸素運動効果を最大限に得るためには、
やはり20分以上の運動を続ける
必要があります。

 

ウォーキングでもランニングでも、
軽い運動を20分以上の行うことが、
必要です。

 

しかも継続的にやらないと、
あなたについたぽっこりお腹の解消は、
できません。

 

根本的に”ダイエット”とか”痩せ”とは、
簡単に出来るものではなく、
努力なしでは達成できない
非常に厳しいものなのです。

有酸素運動20分以上との間違った認識?

capture-20161220-082027-crop

有酸素運動と言えば、
20分やらなければ脂肪を燃やす効果が無い
という認識を持っている方は、
多いと思います。

 

でも実は半分間違った認識なのです。

 

我々は運動していなくても、
日常生活の中でも脂質と糖質を
消耗しながら体は動いています。

有酸素運動は運動の最初から始まっている?

capture-20170419-090722-crop

有酸素運動を始めると、
脳が体脂肪を、
エネルギーに変える必要があると判断し、
体脂肪をエネルギーに変えていきます。

 

有酸素運動で、
徐々に体脂肪を燃焼する率が増え、
20分を越えたころから、
脂肪燃焼効果が高くなることから、
有酸素運動は20分以上やらないと、
体脂肪を燃焼できないといった情報が、
出回ってしまったのでしょう。

 

例えば5分でも10分でも、
脂肪は燃焼するのです。

有酸素運動と無酸素運度を合わせて劇的に痩せるには?

capture-20161220-083545-crop

有酸素運動は、
意外と簡単に日常生活に作り出せます。

  • 1駅分歩く
  • エレベーターを使わない
  • 自転車で行くところを歩く

等日常生活を工夫すれば良いのです。

 

実は有酸素運動だけで、
体脂肪と体重は落ちますが、
ボディラインがきれいになる訳ではありあませんし、
太りにくい体ができる訳ではないんです。

 

運動していても、
ぽっこりお腹の方がいますよね?
くびれのないぽっこりお腹が、
それに当たります。

 

そこで大切なのが無酸素運動です。
無酸素運動は、
強い負荷を掛ける運動になりますが、
それをしなければ代謝の良い体、
希望のボディラインを作ることが、
できません。

 

しかし実際生活の中では、
強度の高い運動ですので、
できなのか実情です。

無酸素運動が出来ないならシックスパッドがオススメ?

capture-20161205-063608-crop

シックスパッドがあれば、
無酸素運動はできなくても大丈夫です。

 

シックスパッドは場所を選ばず、
楽して簡単に苦痛を感じることなく、
希望の部位を鍛えられます。

 

シックスパッドだけでも筋肉が鍛えられ、
お腹の痩せ、
部分痩せの効果すらあるんです。

 

有酸素運動やってるけど、
ぽっこりお腹が解消できない
と言う方はシックスパッドを使えば、
間違いなくぽっこりお腹は解消します。

 

詳しい効果を下記のリンクで、
紹介していますので、
痩せたい!ぽっこりお腹を解消したい!
と悩んでる人は是非見ていって下さい。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
簡単に無酸素運動をしたいから詳細を見る

ぽっこりお腹には有酸素運動と無酸素運動はどっちが良いの?効果が出る運動は?

capture-20161201-153248-crop

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
疲れず無酸素運動ができるアイテムを見る!

 

運動には、
有酸素運動と無酸素運動があり、
当然人の体に与える効果が、
変わってきます。

 

運動の効果を理解して、
気になるぽっこりお腹を解消したり、
理想のボディラインを目指しましょう。

 

有酸素運動と、
無酸素運動を紹介したいと思います。

ぽっこりお腹に有効?有酸素運動とは?

capture-20161201-152533-crop

有酸素運動とは、
継続的な運動により、
体内のエネルギーを燃やす運動、
と言ったイメージで構いません。

 

体内に取り込んだ酸素を使って、
脂肪や糖質をエネルギーとして燃焼させ、
運動エネルギーに変えてくれます。

 

心拍数でいうと、
通常の10%くらい上がった数値で、
少し”ハァハァ”と、
息が上がるくらいです。

 有酸素運動の運動の種類とは?

capture-20161201-152431-crop

運動の種類として

  • ウォーキング
  • サイクリング
  • ジョギング
  • 水泳
  • エアロバイク

が挙げられます。

 

長時間きつすぎないレベルの、
運動を続けるのが、
有酸素運動に当たります。

 

負荷が軽く、
継続的な運動であれば、
該当するものは多く、
運動強度が低いものです。

有酸素運動をすることの効果によってぽっこりお腹が解消?

capture-20161201-154400-crop

有酸素運動には、
体に蓄えている体脂肪を、
燃焼させる効果があります。

 

他にも下半身の大きな筋肉を使うため、
血行促進につながり、
結果としてむくみが解消出来たり、
美肌効果も期待できます。

 

もちろん脂肪燃焼効果で、
ぽっこりお腹も解消します。

激しい運動?無酸素運動とは?

capture-20161201-152802-crop

ほぼ呼吸を止めた状態で、
激しい運動をすることを特徴とし、
筋肉中にあるグリコーゲン(糖質)と、
酵素の働きで、
運動のエネルギーを作りだします。

 

酸素を取り入れられない状況で、
瞬間的に強い力が必要となるので、
使われるエネルギーが有酸素運動と違います。

 

心拍数で言うと。
通常の30%増し程度になり、
呼吸が苦しくなり”ゼイゼイ”と
息が切れます。

無酸素運動の運動の種類とは?

capture-20161201-152731-crop

無酸素運動の種類として

  • 短距離走
  • 筋力トレーニング

が挙げられます。

 

有酸素運動とは反対に、
短時間できついレベルの、
運動をするのが、
無酸素運動に当たります。

 

負荷を軽くしたり、
運動強度を落とすことにより、
有酸素運動の要素も入ってきます。

無酸素運動をすることの効果でお腹痩せを継続?

capture-20161128-080754-crop

有酸素運動の様な、
脂肪燃焼効果は低いものの、
無酸素運動は基礎代謝を、
高めることが出来ます。

 

筋肉をつけることにより、
基礎代謝を高め、
太りにくい体が出来上がります。

 

結果的に基礎代謝が高ければ、
日ごろのカロリー消費量も高くなり、
痩せやすい体になるのです。

 

無酸素運動は体脂肪を減らすと言うより、
体を引締めるというイメージを持つと、
分かりやすいです。

お腹を引き締めたり、ダイエットにはどちらが良い?

capture-20161201-152926-crop

どちらも正解です!

 

しかし得られる運動効果を見極めて、
運動する必要があります。

 

例えば、
ダイエットで体脂肪を落としたいなら、
有酸素運動をメインにやれば良いでしょう。

 

リバウンドしない体や、
メリハリのあるボディラインを目指すなら、
無酸素運動をメインにやらねばなりません。

理想のボディラインを手に入れるには?

capture-20161201-154425-crop

お腹、二の腕、足
気になる部分は年齢とともに、
増えていきます。
それは無酸素運動が減ったからです。

 

結果として、
太りやすい体になってしまった
と言わざるを得ませんね!

 

だからと言って、
短距離走をすぐに始めたら、
怪我の方が心配です。

 

そこで誰でも簡単に、
汗をかくこともなく、
確実に痩せられるトレーニング機器を、
別のページで紹介しています。

 

1日1回23分の使用で
お腹や二の腕を引き締め、
通勤時間だって、
買い物の時間だって使える優れモノです。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
楽して簡単に締まったボディラインを作る